Pythonライブラリ入門20220204

通常価格:¥44,000 税込
¥22,000 税込
セミナー番号: 20220204
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

Pythonライブラリ入門

弊社書籍「Pythonライブラリの使い方」をプレゼント

講師からの言葉

 Googleの機械学習(人工知能)で使用されているプログラミング言語として有名になったPythonは、その簡潔なコーディングや高い機能性などから、今日、最も注目されている言語の1つであり、初心者向きとも言われています。近年プログラミング言語の善し悪しは、言語そのものの仕様ではなく、言語に関するWebページなどの情報量、その言語から使用できるライブラリの豊富さ、それを支えるフォーラムなどコミュニティを含めた「エコシステム」(生態系)の方が重要になってきています。Pythonは、前述の機械学習以外にも、画像処理、Webスクレイピングや、自然言語処理、科学技術計算、ロボットのアプリケーション開発(ROS)、IoTや組み込みシステムなどさまざまな分野で利用されてきており、それを支えるライブラリやコミュニティの豊富さなどからさまざまなシステムやアプリケーションが開発できるようになってきています。また、既存のソフトウェアへの組み込みとしては、統合3DCGソフト(Maya、Blender、LightWave等)でデファクトスタンダードのスクリプト言語にもなっています。

 本講座では、Pythonプログラミングをインストール方法から、基本データ構造、変数、制御構造、関数、クラス、モジュールまでを説明し、Pythonのライブラリの中から比較的手軽に利用でき、知っておくと便利そうなものを選び、機械学習までを扱い、サンプルプログラムとともに説明します。ライブラリの使い方をとおして応用プログラミングについて学びます。

セミナーの詳細

セミナー番号20220204
日時2022年2月4日(金)10:30~16:30
講師松田晃一 大妻女子大学元教授、博士(工学、東京大学)
定員18名
最低履行人数1名
受講料(税込) お一人様受講料:44,000円 22,000円 (2021年12月から2022年3月まで)
同一企業3名までの受講料:66,000円 33,000円 (2021年12月から2022年3月まで)
受講者の方へ
書籍プレゼント
『Pythonライブラリ使い方』
場所Zoom(オンライン)
主催株式会社 カットシステム
プログラム
  1. Pythonプログラミング入門
    • Pythonの概要、他言語との違い、インストール方法
    • 基本となるデータ型と演算子(算術演算子、代入演算子など)
    • リスト型データの定義、要素へのアクセス、操作、タプル、辞書
    • 制御構造(条件分岐、繰り返し処理)
    • 関数とは何か、その定義と実行、キーワード引数、複数の戻り値
    • クラスの定義、利用
    • モジュール
  2. ファイル入出力
    • ファイルの読み込み、書き込み
  3. GUIプログラミング(tkinter)
    • TkinterをもちいたGUIアプリケーションの開発技法
  4. グラフを描く(matplotlib)
    • Matplotlibを用いたさまざまなグラフの表示方法
  5. スクレイピング(bs4)
    • インターネットから自動的にデータを収集する
  6. データベース(sqlite)
    • SQLを用いたデータの管理、検索、表示方法
  7. ネットワーク(socket)
    • プログラム間でのネットワーク通信技法
  8. 数値計算(Numpy)
    • Numpyによりベクトル計算・行列計算手法
  9. 画像処理(OpenCV)
    • 画像の表示、変更、処理技法
  10. 機械学習
    • 手書き文字の画像を用いた画像分類手法
受講の条件
  • 受講対象者
    • 何らかのプログラミング言語を用いたことのある方
    • Pythonが提供しているライブラリを幅広く知りたい方
    • 今後、画像処理、機械学習などを用いた仕事に関わりたい方
  • 予備知識
    • Windowsの基本操作(ファイルの作成、コピー、移動、削除など)ができる方Pythonでのプログラミングが習得でき、業務に応用できる画像処理、機械学習の基礎とプログラミングの概要、応用方法が分かる
修得知識
  • Pythonでのプログラミング、ライブラリに関する幅広い知識が得られ、今後の業務に必要なものが分かる
  • 画像処理、機械学習の基礎とプログラミングの概要、応用方法が分かる
ページトップへ