Pythonで理解する量子コンピュータの原理 20220121

通常価格:¥66,000 税込
¥33,000 税込
セミナー番号: 20220121
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

Pythonで理解する量子コンピュータの原理

~ シュレディンガー方程式で量子ビット・量子ゲート・量子もつれを数値シミュレーション!! ~

講師からの言葉

 近年目覚ましい発展を遂げるナノメートルサイズの精密制御技術がこれまで全くの空想でしかなかった量子コンピュータの実現を期待させるようになってきました。特に人工知能(AI)技術の中核をなすニューラル・ネットワークによる深層学習(ディープラーニング)と相性が良いことも、期待に拍車をかけています。そのような状況に伴って、量子コンピュータに関する啓蒙書や量子コンピュータを動作させることで有用な計算を行うための量子アルゴリズムに関する専門書も多数出版されており、これらの書籍によって「そもそも量子コンピュータとは何か?」「そもそもなぜ並列計算が可能なのか?」「どのようにして有用な計算を行うことができるのか?」といった基本的な問に答えられる知識は得られます。その一方、「概念は理解できたが、なんだか抽象的すぎて腑に落ちない!」と思っている方は私だけではないと思います。

 本セミナーでは量子ビット・量子ゲート・量子もつれという量子コンピュータに必要不可欠な要素の動作原理について、量子力学の基礎方程式であるシュレディンガー方程式で数値シミュレーションする方法をハンズオン形式で詳しく解説致します。本セミナーの受講対象は量子力学の概念を概ね理解している方を想定していますが、これから量子力学を勉強したい方でも本セミナーが量子力学の基礎習得に役立つと考えています。

セミナーの詳細

セミナー番号20220121
日時2022年1月21日(金) 10:30~16:30
講師 遠藤理平 博士(理学、東北大学)、著書に『14日で作る量子コンピュータPython版』
定員14名
最低履行人数1名
受講料(税込) お一人様受講料:66,000円 33,000円 (2021年12月から2022年1月まで)
同一企業3名までの受講料:99,000円 49,500円 (2021年12月から2022年1月まで)
受講者の方へ
書籍プレゼント
『14日で作る量子コンピュータPython版』
場所Zoom(オンライン)
プログラム
  • 第1部 Python数値計算の基礎を習得しよう!
  • 第2部 Pythonで量子力学の基礎を習得しよう!
    • 2.1 シュレディンガー方程式の解法
    • 2.2 平面波解の特徴(分散関係と群速度)
    • 2.3 自由空間中の電子の運動
    • 2.4 ハイゼンベルクの不確定性原理
  • 第3部 量子井戸で1量子ビットと量子ゲートをつくろう!
    • 3.1 量子井戸の固有状態
    • 3.2 量子井戸に静電場を加える方法(シュタルク効果)
    • 3.3 量子井戸に電磁波を加える方法(ラビ振動)
    • 3.4 量子井戸の形状を改良して1量子ビットを完成!
    • 3.5 1量子ビットの量子ゲートの完成
  • 第4部 2つの量子井戸で2量子ビットと量子ゲートをつくろう!
    • 4.1 量子多体系の基礎
    • 4.2 2つの量子井戸の固有状態
    • 4.3 量子もつれ(エンタングルメント)の作り方
    • 4.4 2量子ビットの量子ゲートの完成
受講の条件 Pythonによるプログラミングの基礎知識を有し、受講日当日にPython実行環境を準備できること。
  • 受講対象者
  • 予備知識
修得知識
テキスト『14日で作る量子コンピュータ Python版』(カットシステム刊)
ページトップへ